お小遣い稼ぎ

FXの取引ツールって何?

FX取引をするには、インターネットに接続したパソコンなどを使って業者のサーバーにつないで行うのが一般的です。
この時に使う顧客側のソフトウェアは、ファイアーフォックスなどのウェブブラウザであったり、業者が独自に提供するソフトウェアをパソコンなどにインストールしたものであったり、フリーのFX取引ソフトウェアであるMT4などであったりします。
このようなFX取引に使うソフトウェアのことをFXの取引ツールと呼んでいます。

ウェブブラウザベースの取引では、業者の取引サイトへ接続して利用しますが、同一業者であっても複数の取引サイトを提供しているところもありますが、全くないところもあります。
ウェブブラウザを使う取引は、IDとパスワードの入力だけですみますのでパソコンを選びません。
そのためにインターネットに接続されている環境のパソコンであれば何でも良いというところが利点です。

しかし、チャートの表示機能などが限定的だったりしますので、複雑なことはあまり得意ではありません。
業者が提供するソフトウェアを使う取引は、口座を開設している業者のものしか使えません。
また、業者それぞれの特徴がありますので、自分が使いたい機能があるかどうかを調べるにも一苦労ですし、その操作に慣れるにもある程度時間がかかります。

取引ツールで業者を選びたい人には、取引ツールの比較サイトがありますので、参考にしてみたら良いと思います。
フリーのソフトウェアのMT4は、世界的に有名で利用者も多く、その機能は、チャート表示がたくさんできることやそのカスタマイズが自分でできること、(有料、無料のEA(売買の規則を書き表した一種のプログラム)を使った)自動、半自動注文ができること、自動取引の時に使うEAを自作できることなどがあります。
このように優れたMT4ですが、日本では、このソフトウェアに対応している業者が少ないのが欠点です。
このため日本在住でも海外のFX業者(その多くでMT4が使える)を使う人も結構いるそうです。

Copyright(C) 2013 取り引きを有利にする方法 All Rights Reserved.