お小遣い稼ぎ

FXはパソコンさえあればできる?

FXの取引で注文を出したり、約定の確認をしたりする諸々のことは、以前であれば電話を使うことが多かったのですが、この頃では、インターネットの常時接続が一般的になったことや携帯電話でも常時接続が手軽にできるようになりましたので、取引のほとんどがインターネットに接続されたパソコンやスマートフォン、携帯電話などを利用したものになっています。
パソコンを例に取りますと、性能的には今販売されている普通のスペックのもので十分です。
どのように業者と接続するかは、ウェブブラウザを使って業者の取引サイトに接続するか、業者が提供する(主にWindowsの)ソフトウェアーをインストールして、それを使って業者側のサーバーに接続するかになります。

業者によっては、ウェブサイト経由ではできないところがありますし、できたとしてもウェブサイトがWindows用にできていて、文字のエンコード(文字セット)がシフトJISでないと文字が正常に表示されないところもあります。
そのためにパソコンには、OSがWindowsを使っているものが便利ですが、最新バージョンでは不安定になるソフトウェアーもあるようです。
FXの取引を本格的にやっている人では、パソコンも一台ではなく、数台用意することもあります。

これは、注文画面と複数のチャート表示を別々の画面で見るためにすることがひとつの理由ですが、万が一パソコンが故障した場合でも取引を続けられるためでもあります。
また、インターネットも接続障害がないとも言えませんので、上記のような人では、複数の回線と契約していることが一般的です。
スマートフォンでは、アンドロイドとアップルの二種類がよく使われますが、業者の方では、この二種類用のソフトウェアを両方共提供していることがほとんどで、画面の解像度もパソコン並みですから、使いやすいと思います。
携帯電話利用の取引では、その画面の大きさが限られていますので、特にチャート表示ではパソコンのようにみられませんが、注文や約定確認などは結構工夫が凝らされています。

Copyright(C) 2013 取り引きを有利にする方法 All Rights Reserved.