お小遣い稼ぎ

コストがあまりかからないFX

FXの取引をするときのコストは、他の株式や商品先物などに比べますとかなり安くなっています。
まず、取引口座を維持するための手数料は無料のところが多いですし、取引手数料は廃止してしまった業者がほとんどです。
また、証拠金を送金するときや出金するときの銀行に支払う手数料がありますが、業者の指定した銀行であれば、無料であることも珍しくありません。

こうしてみますと、FXの取引での最大のコストは、売買するときの為替スプレッドということになります。
FXの取引は、顧客と業者の相対取引であることが一般的ですが、為替スプレッドは、通貨の売買をする時の業者の提示する売り価格と買い価格の違いのことです。
業者は、現在の為替レートを売りと買いの2つ提示しています。

売り価格は、業者から見た売りですので、顧客からみますと買い価格となります。
また、提示されている買価格は、顧客からみますと売り価格となります。
この2つの価格には、売り価格 > 買い価格という関係がありますので、顧客が同時に売り買いをしますと、高く買って安く売ることになりますので必ず損をするようにできています。

言い換えますと業者は必ず儲かるようになっているという事です。
この儲けが、業者にとっての取引手数料となっているわけです。
今のFX取引では、通貨ペアによって為替スプレッドは異なっています。

日本で売買金額の多い米ドル円のペアでは、1米ドルに対して1銭程度の為替スプレッドが普通ですから、取引金額の1万分の1位です。
だいたい100万円の取引金額に対して100円といったところでしょう。
このように取引コストがあまりかかりませんので、米ドル円などでは、数銭の為替レートの動きでも利益を出すことができます。
このような薄い利益であっても数をこなしますと結構大きな利益となりますので、FXでは、短い時間内で数多くの取引を行うスキャルピングという取引手法を好む人がたくさんいます。

Copyright(C) 2013 取り引きを有利にする方法 All Rights Reserved.