お小遣い稼ぎ

副業でFXを始める理由

FXとは、外国為替証拠金取引のことですが、日本円を含むいくつかの外国通貨の(ペア)取引をして利益をあげようとするものです。
このような取引には、株式や商品の先物取引などがありますが、いわゆる相場と呼ばれているものです。
いずれの取引も(現物株式の)購入代金や証拠金など、お金が必要になりますが、お金さえ用意できるのでしたらほとんど誰でも出来ます。

つまり取引をするのに免許などの資格が要らないという事です。
ただ、FXの取引で利益をあげるためには、それ相応の技術と言いますか、何か特別な能力が必要であるという事は言えますが、兎に角誰でも参加できるという事は、FXの利点であることには変わりありません。
もうひとつのFXの利点に取引時間が長いという事があります。

FXの取引は、世界中で行われていますので、日本時間の昼間とかに縛られることがありません。
一番早く日が昇るのが南半球のオセアニアで、日本より2時間ほど早く夜が明けます。
その後は、アジアからヨーロッパ、アメリカと夜明けが続いていって、アメリカ(ニューヨーク)の夕方は、日本時間の明け方になるという具合になっています。

このようなことから、FXの取引時間は、日本時間の早朝から次の日の早朝まで、ほとんど24時間ということです。
FXは、取引を始めるにあたって用意するお金の額が少なくても良いということも利点の一つです。
一般に取引単位は10万あるいは1万通貨単位ですが、これらの取引にかかる証拠金は、10万通貨単位で60万円前後、1万通貨単位では6万円前後です。

さらに1000通貨単位での取引が出来るところもありますが、これは6千円前後の証拠金が必要になるだけですから取引をするのにも大金は必要ありません。
以上のようなことは、勤めている人にとっては参入条件が低く、誰でも参加でることや取引機会がいつでもあることは、特に特殊な作業を要求されるわけでもなく、その人の仕事の時間帯にかかわらず自由になる時間に取引が出来るという事です。
従いまして、これらが、副業でFXを始める大きな理由となっているのではないでしょうか。

Copyright(C) 2013 取り引きを有利にする方法 All Rights Reserved.