お小遣い稼ぎ

FXが安心で安全な理由は?

FXは外国為替証拠金取引といわれているもので、ある一定のお金(証拠金)を業者に預けることで、外国通貨の取引を行えるようになります。
証拠金は、取引で利益が出た場合には、その利益分の金額が加算され、損失が出た場合には、減額されます。
このようにFX取引では、損失が出た場合には、預けてあるお金が減ってしまいますので、銀行預金のように安定したものではありませんが、利益を得ることが目的ですからある程度のリスクを取ることは避けられません。

ところで、FX取引にリスクがあることは当たり前ですが、FX業者自体が破綻してしまうというリスクもまたあります。
このような時には、預け入てある証拠金はどうなってしまうのでしょうか。
以前のFXが始まった頃では、ほとんど規制のようなものがなかったものですから、業者が破綻した時には、顧客の証拠金を自社資産と分別管理していないとほとんど返却されなかったりしたものです。

そのために夜逃げのように消えてしまった業者もあり、問題になったものでした。
その後、国が乗り出してきて、国内のFX業者には、顧客の証拠金の分別管理を義務付ける規制をしましたので、いまでは、全ての業者が分別管理をしています。
ここで、顧客資産の分別管理というのが出てきましたが、実際には、業者が顧客から預かった証拠金を信託銀行というところに預ける(信託する)ことをいいます。

こうしておきますと、万が一業者が破綻した時でも顧客の証拠金は無事に返ってくるわけです。
これが海外のFX業者がどうしているのかは、日本のように一律ではありませんので、何種類かあります。
ひとつは、日本のように信託銀行(信託法人)などに預ける(信託する)というのがあります。

これは、一番安全だといわれています。
次ですが、海外では普通に共同名義の銀行口座の開設が認められていますので、これを利用したものになります。
業者と資金管理会社とが共同名義の口座を使って顧客の資金管理をする方法です。

これは、資金管理会社がしっかりしたものであれば安全です。
後は、業者が自身で顧客資産の分別管理をしていることがあります。
これは、業者が信頼できれば問題ないのですが、一般には危険だとされています。
また、分別管理をうたっているだけで、何もしていない業者が中にはあるようですが、これが一番危険でしょう。

Copyright(C) 2013 取り引きを有利にする方法 All Rights Reserved.